初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘレステスト1日目は雨でプログラム進まず

ヘレステスト1日目は雨でプログラム進まず

ヘレスで3日間のテストがスタート。雨により、欧州各地から集結したライダーたちは、テストプログラムを消化できなかった。

MotoGPクラスのルーキーズテストとMoto2クラスのプライベートテストは24日、ヘレス・サーキットでスタート。初日は、朝からの雨により、予定していたテストプラグラムを消化できなかった。

来季最高峰クラスに挑戦するカルディオン・ABのカレル・アブラハムは、ドゥカティのテストライダー、フランコ・バッタイーニと共に2011年型のプロトタイプをテスト。

ドゥカティは、スクリーマーエンジンを準備せず、ビックバンのみを投入。バッタイーニは、2月のテストに向けて、ベースセッティングを整える目的で、バレンシアのテストデータを分析することからテストを始めた。

シューターは、2012年からのMotoGPクラス参戦に向けて、プロトタイプマシンを準備。今季の第8戦ドイツGPで負傷ライダーの代役として、グランプリデビュー(22番グリッドから7位)を果たし、今季のドイツ選手権スーパースポーツクラスを制した27歳のオーストラリア人ライダー、ダニアン・カドリンを起用。40ラップを走り、1分57秒7を記録すれば、2日目は、天候次第では、スコット・リーディングがテストを行う。

Moto2クラスのシューター勢は、スペイン選手権ストックエクストリュームクラスを制したファビエル・フォーレスが1番にコースイン。ジュール・クルーセル、トーマス・ルティ、ミカ・カリオもコースに飛び出し、アンドレア・イアンノーネが1番時計(1分57秒6)を刻んだ。

FTRを走らせるポル・エスパルガロも昼過ぎにテストを開始したが、イオダ・レーシングからの参戦を予定するシモーネ・コルシは、FTRを初ライド。6ラップを走行すれば、マティア・パシーニは、コースコンディション不良を理由に走行を見送った。

フリアン・シモン、アレックス・エスパルガロ、アクセル・ポンス、ケブ・コフラン、リーディングも走行をキャンセル。マルク・マルケスは、ボックスの前で写真撮影を行った。

アレックス・バンドリーニとバレンティン・デービスは、フォワード・レーシングとフィッムコ・スピードアップで、来季の参戦を目指して、テストに参加した。

Tags:
MotoGP, 2010

Other updates you may be interested in ›