初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モレーナー・レーシング、来季はサロン&イウェマ体制

モレーナー・レーシング、来季はサロン&イウェマ体制

地元出身のオランダ人ライダー、16位のイウェマを抜擢。継続参戦するランク12位のサロンと共にRSAを走らせる。

モレーナー・レーシングは、2011年シーズンに、ルイス・サロンとジャスパー・イウェマを起用して、125ccクラスに継続参戦する。

レッドブル・ルーキーズ・カップとスペイン選手権を経て、ランブレッタ・レパルト・コルセからフルエントリーを開始したサロンは、クエンティン・ジャケーに代わり、第3戦フランスGPからオランダチームに移籍すると、終盤に入ってから、シングルフィニッシュを連発。

第17戦ポルトガルGPでは8番グリッドから自己最高位となる5位に進出。最終戦バレンシアGPの決勝レース前夜に、延長契約のサインを交わした。

チームメイトには、ランディ・クルメンナッハの後任にオランダ出身のイウェマを指名。2009年にレーシング・チーム・ジャーマニー、2010年にCBC・コルセから参戦し、安定感してポイント圏内で完走してきたが、第17戦ポルトガルGPのウォームアップ走行で転倒した際に、右肩を負傷していた。

「パドックのオランダ人たちは、2011年のチーム・オレンジに関して話題にしています。ジャーナリスやスポンサーは、エキサイティングな反応を示しました」と、チームオーナーのアリー・モレーナーは興奮した。

Tags:
125cc, 2010, Luis Salom, Jasper Iwema

Other updates you may be interested in ›