初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.ルティ、1番時計でインターウェッテンの支援継続を祝う

T.ルティ、1番時計でインターウェッテンの支援継続を祝う

シューターを走らせて3日目にトップタイムをマーク。好感触を得て、冬休みに入る。

トーマス・ルティは、ヘレス・サーキットで行われた合同テストに参加。2日目に1番時計を記録した。

バレンシアでモリワキからシューターに乗り換えた後、今年の5月上旬に5番グリッドから3位表彰台を獲得した第2戦スペインGPの舞台に戻って来ると、1日目は僅か10ラップの走行に止まったが、2日目には57ラップを走行。フリアン・シモンに並ぶ1番時計を刻んだ。

「今回のテストもシューターのシャーシはすごく良かった。1日目は雨で僅か10ラップしか走れなかったことは残念。あのコンディションで走る意味はあまりなかったけど、2日目は昼頃から天候が良くなり、テストプログラムを進めることができた。」

「たくさん周回でき、このトラックでモリワキのバイクよりも速く走れた。これからウインターブレークを楽しむことができる。」

チームをマネージメントするパドック・グランプリ・レーシングは、オーストリアのブックメーカーであるインターウェッテンと延長契約に合意したことを発表。来季もチームのメインスポンサーとして支援を受けることとなった。

1日目: 1分59秒3 (10ラップ)
2日目: 1分43秒8 (57ラップ)
3日目: キャンセル

テストベストラップ: 1分43秒8

第2戦スペインGP
公式予選: 1分44秒573
決勝レース: 1分44秒966

サーキットベストラップ: 1分44秒372
ファーステストラップ: 1分44秒710

Tags:
Moto2, 2010, Thomas Luthi, Interwetten Moriwaki Moto2

Other updates you may be interested in ›