初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ライダーズレビュー:R.ドプニエ (LCR・ホンダ)

ライダーズレビュー:R.ドプニエ (LCR・ホンダ)

MotoGPライダーたちの2010年シーズンを総括するスペシャルビデオ。第9弾は、ランディ・ド・プニエを取り上げる。

開幕戦で6位に入り、過去最高のスタートを切ったド・プニエは、序盤からプライベート勢のトップ争いを展開。シルバーストンから3戦連続して1列目を、ムジェロから3戦連続して6位を獲得すると、ニューシャーシが投入されたカタルーニャでは4位に進出。安定感が増し、ランク5位に進出した。

シーズンのターニングポイントとなったのは、ザクセンリンク。公式予選で、オイルを踏みシーズン3度目の転倒を喫した際に右足首を強打。激痛に耐えて参戦した決勝レースでは、ハイサイドから転倒を喫した際に、後続車に左脚を踏まれ、脛骨とひ骨を骨折した。

緊急手術を受け、翌週のラグナセカを欠場。ランク3位の連続参戦記録(191戦)がストップした。

驚異的な回復力で僅か26日後にコースに復帰したが、負傷の影響により、前半戦のパフォーマンスを発揮できず、最終的には、ランク9位に後退。

来季は、3年間所属したホンダのサテライトチームからドゥカティのサテライトチーム、プラマック・レーシングに移籍。今季達成できなかったベストプライベートライダーを狙う。

Tags:
MotoGP, 2010, Randy de Puniet, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›