初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

グランプリ・コミッション、2011年&2012年規定を発表

グランプリ・コミッション、2011年&2012年規定を発表

来季のセッション時間が決定。Moto3クラスは、タイヤ、燃料、電子制御がワンメイクとなることが決定した。

グランプリ・コミッションは9日、スペインの首都マドリードでミーティングを行い、2011年の競技規定と2012年の技術規定に関して協議。主な規定を次のように発表した。

2011年競技規定
プラクティスタイムスケジュール
MotoGPクラス: 60分間の4セッション
Moto2クラス: 45分間の4セッション
125cクラス: 45分間の2セッション(午前)+30分間の2セッション(午後)

各クラスのグリッドポジション: 1列3台

2012年Moto3クラスの技術規定
ECU(電子制御ユニット)、タイヤ、燃料及びオイル: シングルサプライヤー。供給を希望するメーカーは、2011年2月28日までにFIM国際モーターサイクルリズム連盟もしくはドルナまでに提案。同年3月19日の同委員会で供給メーカーを発表する。

他の規定に関しては、FIMのプレスリリースまで。

Tags:
MotoGP, 2010

Other updates you may be interested in ›