初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

HRC、セパンテスト終了

HRC、セパンテスト終了

秋吉とレイが4日間のテストを実施。タイトル奪回に向け、RC212Vの開発に必要なデータを収集した。

HRCの開発チームは17日、セパン・インターナショナル・サーキットで実施した開発テストを終了。秋吉耕祐とジョナサン・レイが4日間、RC212Vを走らせた。

予定していた最終日、3日目の午後に雨が降り、走行ができなかったことから、翌日の午前中までテストを延長。気温が30度近くまで上昇する中、テン・ケイト・ホンダに所属する北アイルランド出身のレイは、40ラップを走行。

「RC212Vを走らせることは、信じられない経験だった。4日間のテストは夢の実現。HRCが僕を招待してくれたことが本当に嬉しい。」

「昨日は雨でコースに出ることができなかったから、1日延滞した。今日は、まるで僕のバイクに乗っているような感覚で走り始め、グッドなフィーリングが走ることができた」と、レアは感想を語った。

HRCは、来年2月1日からのオフィシャルテストに向けて、収集したデータを参考に、日本で開発作業を継続する。

Tags:
MotoGP, 2010

Other updates you may be interested in ›