FTR、A.デボンと合意

Moto2™ is powered by
Thursday, 14 January 2010

FTRがデボンと合意し、コンストラクターとして参戦が決定した。

FTRは14日、モータースポーツ69と合意したことを発表。アレックス・デボンは、同メーカーのプロトタイプマシンを走らせることとなった。

当初、アプリリア製のMoto2マシンを使用する予定だった33歳のスペイン人ライダーは、複数のメーカーと交渉を重ね、最終的に英国メーカーを選択。

「合意できて、すごく嬉しい。一緒にチャンピオンシオップを戦い、アプリリアRSAのように勝てるバイクを作り上げたい」と、抱負を語った。

FTRのデレクター、スティーブ・ボーンズは、「アレックスが我々のプロトタイプマシンを走らせることになり、大変嬉しいです」、歓迎。

「ここ数年間、エクセレントなライダーであることを証明。同時にトップレベルのテストライダーであることを証明しました。彼の経験がM210の開発に役立つでしょう。」

デボンは、元125ccクラス王者のエミリオ・アルサモーラがスポーティングディレクターを務めるメカニック養成学校モンラウ・コンペティションと合意。テクニカル面のサポートを受けることが決まった。

さらに、同学校の卒業生であり、昨季KTMでマルク・マルケスのチーフメカニックだったチャビエル・ソルデビラと昨季アエロプエルト・カステヨン・ブルセンスでテレメトリーを担当した女性スタッフ、ベアトリス・ブルカラを起用。

チームのメインスポンサーは、現在建設中のカステヨン空港に決定。

デボンは、1月下旬にヘレスで初テストを予定している。

TAGS 2010 Alex Debon

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising