ヤマハ発動機、V.ロッシとのパートナーシップに終止符

Sunday, 15 August 2010

ヤマハは、今季末で契約満期となるロッシの決断を尊重し、パートナーシップに終止符を打つことを発表した。

ヤマハ発動機は15日、バレンティーノ・ロッシとのパートナーシップを、契約満期となる今シーズン末に終了することを発表した。

ヤマハのファクトリーチームは、2004年にロッシと契約。7年間で、4度のタイトル獲得に成功。

モーターレーシングのマネージンダイレクターを務めるリン・ジャービスは、「ヤマハを代表して、一緒に活動した素晴らしい7年間に心から感謝します。バレンティーノは、ヤマハが11年間タイトルを獲得できなかった時に加わり、最初のレースとなった2004年南アフリカGPの優勝は、信じられない瞬間で、世界中のMotoGPのファン、そして、ヤマハのファンを驚かす勝利の1つとなりました。」

「彼の卓絶したスキルと開発能力により、我々と共に4度のタイトルを獲得しました。MotoGPクラスを代表するM1の開発を助けてくれました。」

「沢山のワンダフルな経験と勝利を挙げ、一緒に歴史を築いたことは、大変名誉なことです。彼の移籍するという決断は残念ですが、新たな挑戦を探した彼の決断を全面的に尊重し、2011年以降のベストを願いします。」

「バレンティーノは、ヤマハのファクトリーライダーとして、2010年の残り8戦に参戦します。引き続き我々の全面的な支援を受け、シーズンが終了する前までに、ブルーと共により多くの勝利が見られることを期待します」と、語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising