S.コルシ、JiRからTSRを使用

Moto2™ is powered by
Friday, 26 February 2010

125ccクラスから9人目のMoto2ライダーとして、コルシのJiR入りが決まった。

JiR・Moto2は24日、シモーネ・コルシと合意。未定となっていたマティア・パシーニのチームメイトが決定した。

23歳のイタリア人ライダーは、当初フォンタナ・レーシングから125ccクラス参戦を予定していたが、Moto2クラスへの参戦を希望。チームを探していた。

「3年目のオプションが付いた2年契約にサインした。125ccクラスに継続参戦するか、Moto2クラスにステップするか、ずっと自分の中で格闘していた」と、就任が決まって安堵の表情を見せた。

「この可能性を得た時には、新しいクラスに参戦する強い気持ちがあったから、考える時間は必要なかった。スペクタクロなレース、グレートなチャンピオンシップになるだろう。バレンシアのテストが楽しみだ。」

チームマネージャーのジャンルカ・モンティロンは、「シモーネとは、中長期のプロジェクト。マティアとは、MotoGPクラスへのステップを含めた延長契約付きの1年契約です」と、契約内容を説明。

「将来、私のチームが1000ccエンジンを搭載する車体を製造するため、その必要な知識を得るために、Moto2クラスの参戦を決めました。改良された600ccエンジンの経験を積むことは、最善の手段だと考えます。MotoGPクラスの将来がどうなるか確認する必要があることから、まだプロジェクトは存在していませんが、我々は準備に取り掛かります。」

「Moto2クラスの目標は、グッドなことをして、全てのレースで主役になることです。当然、タイトル争いができなくてはいけません。」

パシーニとコルシは、3月1日からバレンシアのリカルド・トルモで開催されているオフィシャルテストに参加する。

軽量級から中量級にステップアップするライダーたち

S.ブラドル
J.オリベ
A.ポンス
S.コルシ
A.イアンノーネ
S.ガデア
S.リーディング
J.シモン
D.エジャーター

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising