2人のチャンピオンがシューターをシェイクダウン

Moto2™ is powered by
Thursday, 13 May 2010

シモンとディ・メッリオがシューターを初走行した。

マプフレ・アスパルのフリアン・シモンとマイク・ディ・メッリオは13日、アルバセテ・サーキットでシューターのプロトタイプマシンをシェイクダウンさせた。

スパニッシュチームは、リザルト獲得に向けて、開発中のRSVから既に戦闘力の高さを証明しているシューターに乗り換えることを発表。2人の125ccクラス王者は、悪天候に見舞われたことから、テストを1日延長することを決めた。

2戦目で8位に入ったランク13位のシモンは、「フランスGP前に、テストを1日延長できることが嬉しい。レースの準備に向けて、バイクを知ることは大切。今日は1日中雨が降って、8ラップしか走れなかったけど、フィーリングはポジティブだ。今日はボックス内でポジション合わせなどが中心だったけど、明日は晴れて、もう少し走りたい」と、初テストの感想を語った。

序盤2戦でまだポイントを稼いでいないディ・メッリオは、「初めてアルバセテを走った。ナイスなトラックで気に入った。6ラップしか走れなかったけど、バイクとトラックを知る機会となった。まだ走り込みが必要だけど、グッドなバイクであることを感じた。軽く、曲がりやすい」と、好印象を語った。

スパニッシュチームは、14日も当地でテストを実施する。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising