J.ロレンソ、今季7勝目の後にテスト1番時計

lorenzo reviews brno test
Tuesday, 17 August 2010

タイトル獲得に向けて、7勝目を飾った後に1番時計を記録。今季初めてテストを制した。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第10戦チェコGPで3番グリッドから優勝。今季7勝目を挙げた翌日には、オフィシャルテストに参加。1番時計を記録した。

後半戦緒戦の優勝により、ランク2位とのアドバンテージを77ポイント差に広げ、初タイトル獲得に向けて大きく前進。

「昨日、問題があったから、この結果を期待していなかった。もっと厳しくなると考えたけど、一度トップに立つと、ダニに抜かれると考え、プッシュした。シーズン7勝目はファンタスティックだ」と、レースを振り返った。

今季2度目のテストでは、ヤマハが準備したエンジンと、オーリンズが投入した新型サスペンションをテストして、週末のポールポジションタイム(1分56秒508)を0.239秒上回る1分56秒269の1番時計を記録。

さらに、2011年型のプロトタイプマシンを試乗する機会にも恵まれ、直ぐに1分56秒台に進出した。

「残りのシーズンと来シーズンを視野に入れた重要なテストだった。やるべきことが沢山あったけど、残念ながら雨が降ってしまい、中断しなければいけなかった。」

「来年の新しいプロトタイプマシンに加え、アップグレードしたエンジンとオーリンズに新しいサスペンションにトライしたけど、M1は非常に戦闘力が高いから、今よりも優れているのか知るのは、まだ早い。僕たちは情報を収集したから、エンジニアたちの開発に役立つことを期待する。」

今季初めてテストを制したロレンソは、18日に第13戦アラゴンGPの舞台となるモーターランド・アラゴンで、R1を使用して、テストを実施する予定。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising