決勝レース:A.デアンジェリスが4年ぶりの優勝

Moto2™ is powered by
moto2 race phillip island
Sunday, 17 October 2010

デ・アンジェリスが通算178戦目で2勝目を達成。ランク2位争いは、イアンノーネがシモンとのギャップを2ポイント差に詰めた。

第16戦オーストラリアGPの決勝レースは17日、フィリップアイランドで行われ、アレックス・デ・アンジェリスが優勝。今季初優勝を飾った。トップタイムをマーク。今季初のポールポジションを奪取した。

気温15度。路面温度27度のドライコンディションの中、前戦2番グリッドから2位を獲得したデ・アンジェリスは、今季初のポールポジションから、16ラップ目にトップを挽回すると、2006年10月の最終戦バレンシアGP以来となるキャリア通算2勝目を達成。TSRに初優勝をもたらした。

今季3度目の2番グリッドからスタートしたスコット・リーディングは、今季最高位の2位。2度目の表彰台を獲得すれば、5番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、2戦連続の3位。今季7度目の表彰台を獲得した。

ウォームアップ走行で転倒を喫したフリアン・シモンは、通常より2時間遅れのスタートが幸い。シャーシ以外を全て交換するマシンの修復が間に合うと、昨年優勝で125ccクラスのタイトルを獲得した舞台で、ステファン・ブラドルとのバトルを僅少さで制した。

2年前に優勝で125ccクラスのタイトルを獲得したマイク・ディ・メッリオは、今季最高位の4番グリッドから今季最高位の6位フィニッシュ。

初代王者トニ・エリアスは、2日間モリワキが準備した2011年型プロトタイプマシンをテストしたが、決勝レースでは現行型に乗り換え、9人による7位争いに競り勝つと、アレックス・デボン、カレル・アブラハムがトップ10入り。

日本勢は、高橋裕紀が19番グリッドから17位。渡辺一樹は32位。國川浩道はリタイヤした。

チャンピオンシップのランク2位争いは、シモンがポジションを維持。イアンノーネが2ポイント差に接近した。

TAGS Australia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising