V.ロッシ、ザクセンリンクに向けて出発

Wednesday, 14 July 2010

主治医から参戦許可を得て、ドイツへ出発。サーキットで最終的な判断が下されることとなった。

フィアット・ヤマハは14日、バレンティーノ・ロッシが第8戦ドイツGPへの参戦に向けて、ザクセンリンクに向かうことを発表した。

右脚脛骨と右脚ひ骨を骨折してから32日後、地元ミサノでR1を走らせると、37日後には、ブルノで46ラップを走行。

2度のプライベートテストで右肩を含め負傷の回復具合を確認すると、14日にレントゲン検査を受け、医師団から参戦への許可が下ったことから、最高峰クラスで4勝を挙げた舞台に向けて出発。明日、サーキットでメディカルチェックを受け、最終的な判断が下されることとなった。

「医師が今週末に走ることができると考えてくれ、本当に興奮している。明日、メディカルオフィサーに診てもらい、最終的な決断を下す」と、ロッシは説明。

「R1のグッドな感じがったけど、サーキットでM1を走らせることとは違うと理解している。ハードになるだろうけど、バイクとチームが恋しい。僕はトライしたい。パドックに戻り、みんなに会えることが待ち遠しい。家にいることが疲れた。和多留が来てくれる。もし、問題があれば、彼が僕のバイクを走らせる。」

ヤマハのテストライダー、吉川和多留は、予定通りにザクセンリンクへ移動。ロッシが参戦しない場合は、前戦同様に負傷代役として参戦する。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising