初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

BQR、K.ノエスを加えて3人体制

BQR、K.ノエスを加えて3人体制

BQRは、所属チームを失っていたノエスを起用。3人体制で、マシンをFTRに変更する。

レーシング・チーム・バイ・ケロセーノは19日、2011年シーズンにケニー・ノエスを起用することを発表。2年目のMoto2クラスに3人体制で挑戦する。

スペイン生まれのアメリカ人ライダーは、継続参戦を予定していたジャック&ジョーンズ・バイ・アントニオ・バンデラスが昨年12月2日にチャンピオンシップからの撤退を表明したことから、新天地を模索。スペイン選手権時代の古巣と合意した。

参戦チームが決定した31歳のノエスは、「BQRからまた走れることになり、すごく嬉しい。2003年にロードレースを始めたチームだ。FTRのテクニカルサポートを得たプロジェクトはしっかりしているし、2つのアメリカの会社が支援してくれた。厳しい環境の中で、もう1年参戦できることは幸運なこと。チームに感謝したい。」

「昨年は情報不足が問題だった。今年は、FTRが所有する昨年のデータがあるし、チームメイトは速いから、情報面に関しては充分だ。」

「今年は10人ぐらいの新しいライダーたちがカテゴリーに参戦するから、昨年よりも混戦となるけど、準備が出来ているし、BQRとFTRのテクニカルパッケージが強力だから、厳しいシーズンになるけど、昨年よりももっと上手くやれるはずだ」と、自信を語った。

3人体制で臨むスパニッシュチームは、継続起用のヨニー・エルナンデェスと125ccチームから昇格するエステベ・ラバットが、ブルセンス‐STXから、ノエスは、スペインの建設会社が支援するアビンティア‐STXから参戦。

2月7日にカタルーニャ・サーキットで初テストを予定している。

Tags:
Moto2, 2011, Kenny Noyes

Other updates you may be interested in ›