初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト、2月1日に開始

オフィシャルテスト、2月1日に開始

2011年シーズンに向けて、17人のMotoGPライダーたちがセパンに集結。今年初のオフィシャルテストが2月1日にスタートする。

MotoGPクラスの10チーム、17人のライダーたちは、最終戦後の11月10日以来、82日ぶりに集結。2011年シーズンの開幕戦カタールGPに向けて、2月1日から3日間、第17戦マレーシアGPの舞台となるセパン・インターナショナル・サーキットで、今年初のオフィシャルテストを実施する。

タイトル防衛に挑戦する王者ホルヘ・ロレンソは、1月14日にプロモーション活動のため、隣国のインドネシアを訪問。18日からは、コンディションを考慮して、バリ島に滞在。フィジカルトレーニングを積んでいる。

サテライトチームからファクトリーチームに昇格した新人王ベン・スピースは、2年目のシーズンに向け、サイクリングトレーニングを中心に準備を進め、リズムを掴むことを前提にセパンに乗り込む。

ランク2位のダニ・ペドロサは、左鎖骨の再手術を回避したが、フィジカルトレーニングを開始したのは、1月に入ってから。今年初テストでは、回復状況を確認する。

レプソル・ホンダから参戦するケーシー・ストーナーは、昨年のオフィシャルテスト最終日に1番時計を記録。ロレンソに続く、総合2番手に進出し、RC212Vへの素早い適応を披露。ペドロサ、アンドレア・ドビツィオーソと共に、3人体制でホンダのタイトル奪回に挑む。

オフィシャルテストの注目の1つは、ドゥカティに移籍したバレンティーノ・ロッシの回復具合。26日に、ミサノ・ワールド・サーキットでスーパーバイクに乗り、11月14日に手術を受けた右肩の回復状況を確認した。

990ccクラスのラストチャンピオンに輝いたニッキー・ヘイデンは、ロッシと共に、テストチームが17日から3日間、ヘレス・サーキットで実施したテスト内容を、コンディションが異なるセパンで検証。方向性がチェックする。

2年目の飛躍を目指すマルコ・シモンセリ、アルバロ・バウティスタ、青山博一らの動向にも注目。シモンセリとバウティスタは、バレンシアで好パフォーマンスを披露すれば、青山は新天地サンカルロ・ホンダ・グレシーニで快走を見せたことから、期待が高まる。

2人の新人勢、カレル・アブラハムとカル・クラッチローは、最高峰クラス初挑戦に向けて、本格的なテストを開始。Moto2クラス王者のトニ・エリアスは、MotoGPクラスに復帰に向けて、筋力増加に成功した。

オフィシャルテストは、2月3日まで実施され、当サイトでは、現地から毎日、ハイライトビデオを中心に主役たちのインタビューを有料で提供する。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›