初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.シモンセリ、コンスタントに上位進出

M.シモンセリ、コンスタントに上位進出

サテライトチームからファクトリーライダーとして2年目の飛躍を目指すシモンセリが最速アベレージを記録。存在感をアピールした。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのマルコ・シモンセリは、オフィシャルテストの2日目に5番時計を記録。連続して上位に進出した。

昨年11月、バレンシアで実施されたオフィシャルテストで、5番手と4番手に進出したイタリア人ライダーは、11番グリップから8位でフィニッシュしたセパン・インターナショナル・サーキットに戻って来ると、1日目には、「速く、パワフルな印象」と受けた2011年型RC212Vで4番手。

2日目は、2ラップ目に1日目のタイムを更新すると、3ラップ目には2分02秒台を突破。電子制御を中心に、2タイプのニューサスペンションと2タイプのニューフォークをテストしながら、2分01秒台を参加者最多の12回記録した。

「すごく嬉しい。ペドロサのストラトスフィリク(成層圏的)なタイムを除けば、僕はコンスタントに上位陣に位置した。昨日よりもセットアップが良くなり、異なった電子制御の解決策を試した。ベースセットアップはグッドだと言うことができる。チームも僕も経験を積み、僕たちの仕事を強固とする能力がある。」

「昨年はホンダのテレメトリー担当者と何度も話し合ったけど、理解するのに苦労した。しかし、今は全てが簡単で、バレンシアでのポジティブなテストの後、今までに決して速く走れなかったトラックで、良い確信となるから、将来への自信を感じる」と、手応えを強調した。

シモンセリは、明日のテスト最終日にレースシミュレーションを予定している。

オフィシャルテスト1日目: 2分02秒295
オフィシャルテスト2日目: 2分01秒522

2010年公式予選: 2分02秒690
2010年決勝レース: 2分02秒898

2010年ポールポジション: J.ロレンソ - 2分01秒537
2010年ファーステストラップ: V.ロッシ - 2分02秒117
サーキットレコードラップ: C.ストーナー - 2分02秒108(2007年)
サーキットベストラップ: V.ロッシ - 2分00秒518(2009年)

Tags:
MotoGP, 2011, Marco Simoncelli, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›