初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ&スピース、安定したパフォーマンスで上位キープ

ロレンソ&スピース、安定したパフォーマンスで上位キープ

2人のファクトリーライダーが安定した走りで、テストプログラムを進め、着実に戦闘力がアップしていることを証明した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソとベン・スピースは、オフィシャルテストの2日目に7番時計と3番時計を記録した。

1日目に44ラップを走行して、2番手だったロレンソは、2日目に35ラップを走行。2分01秒台を6回記録した。

「今日はポジティブなこと、それほどでもないことが見つかった。トラックションを増すことが見つかったと思うけど、解決しなければいけない小さな振動がある。今日のテストには満足だけど、すごく暑かったから、すごく疲れた」と、2日目のセッションを振り返った。

「沢山の細かいことが良くなったけど、僕自身のライディングを改善し、バイクの開発に役立つ最善の説明をチームに提供しなければいけない。」

1日目は僅か24ラップの周回に止まったスピースだったが、2日目は一気に60ラップを周回。2分01秒台を4回記録して、5番手から3番手に浮上した。

「今日は本当に良かった。最初が速かった。電子制御の仕事と2タイプのエンジンを検証し、レスポンスは良かった。タイムは似たようなものだったから、方向性を決めなければいけない。」

J.ロレンソ
オフィシャルテスト1日目: 2分01秒977
オフィシャルテスト2日目: 2分01秒563
2010年公式予選: 2分01秒537
2010年決勝レース: 2分02秒624

B.スピース
オフィシャルテスト1日目: 2分02秒332
オフィシャルテスト2日目: 2分01秒508
2010年公式予選: 2分01秒993
2010年決勝レース: 2分02秒773

2010年ポールポジション: J.ロレンソ - 2分01秒537
2010年ファーステストラップ: V.ロッシ - 2分02秒117
サーキットレコードラップ: C.ストーナー - 2分02秒108(2007年)
サーキットベストラップ: V.ロッシ - 2分00秒518(2009年)

Tags:
MotoGP, 2011, Ben Spies, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›