初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、ホンダ勢最速リズムを刻む

C.ストーナー、ホンダ勢最速リズムを刻む

憧れのレプソルカラーに初めて身を包み、総合で2番手、ホンダ勢では最速のリズムを刻み、幸先のスタートを切った。

レプソル・ホンダのケーシー・ストーナーは、オフィシャルテストの3日目、最終日に2番時計を記録。総合3番手に進出した。

11月のオフィシャルテストで、1日目2番手、2日目1番手、総合2番手に位置し、新天地で幸先のスタートを切ると、今年初テストでは、1日目1番手、2日目2番手、常にトップ2以内をキープ。

3日目、仕様違いのシャーシの比較テストからテストを開始すると、午前中に12コーナーで、フロントのコントロールを失い、今年初転倒を喫したが、幸い大事には至らず、テストプログラムを続行。

「クラッシュを喫してしまったけど、今日は決定的にベストな1日だった。仕様違いのシャーシで、フィーリングを良くしようとトライし、全体的にステップアップを果たした。」

午後からはトラクションコントロールのテストに専念。2分00秒台をホンダ勢最多の2度記録した。

「消耗したタイヤでバイクが良く機能するようになった。滑り始めるときに、タイヤがもう少し早く止まるように、トラクションコントロールを試し、コーナーでのスピードが良くなった。今回のテストで見つかった解決策に大満足。期待していた以上だった。」

「バイクのパッケージに満足。すごく良いベースセッティングで集中できたのは、僕たちにとってとても重要だった。」

2分01秒台をホンダ勢最多の17度記録したストーナーは、ホンダのモータースポーツ発表会に出席するため、マレーシアから日本に向かった。

オフィシャルテスト1日目: 2分01秒574(52ラップ)
オフィシャルテスト2日目: 2分01秒434(44ラップ)
オフィシャルテスト3日目: 2分00秒845(46ラップ)

2010年公式予選: 2分02秒023
2010年決勝レース: オープニングラップ転倒

2010年ポールポジション: J.ロレンソ - 2分01秒537
2010年ファーステストラップ: V.ロッシ - 2分02秒117

サーキットレコードラップ: C.ストーナー - 2分02秒108(2007年)
サーキットベストラップ: V.ロッシ - 2分00秒518(2009年)

Tags:
MotoGP, 2011, Casey Stoner, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›