Tickets purchase
VideoPass purchase

マレーシア人ライダー、カイルディンが2年目に挑戦

マレーシア人ライダー、カイルディンが2年目に挑戦

エアアジア、セパン、アジョがコラボを結成。カイルディンが強力体制の下、2年目に挑む。

エアアジア・セパン・インターナショナル・サーキット・レーシング・チームは3日、アジョ・モータースポーツとのコラボレーションを発表。モハメド・ズルファミ・カイルディンを起用する。

マレーシアの航空会社とグランプリ開催サーキットのセパン・インターナショナル・サーキットは、2年前にヤングライダーの発掘と育成のために、コラボレーションを結成。昨年は、オンゲッタ・レーシングの協力を得て、125ccクラスに、カイルディンが初参戦。

今年は、チャンピオンチームのアジョ・モータースポーツとのコラボにより、19歳のマレーシア人ライダーが、2年目に挑戦することが決定。アプリリアからデルビに乗り換える。

デビューシーズンは、15位でフィニッシュした第7戦カタルーニャGPをはじめ、4戦でポイントを獲得。ランク24位だった。

Tags:
125cc, 2011, Zulfahmi Khairuddin, AirAsia-Sic-Ajo

Other updates you may be interested in ›