初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アスパル・チーム、2年ぶりに3人体制

アスパル・チーム、2年ぶりに3人体制

マルティンが古巣に復帰。ランク2位のテロールとファウベルに囲まれ、2年目の飛躍を目指す。

バンカハ・アスパルは18日、アドリアン・マルティンを起用することを発表。2年ぶりに3人体制で、2011年シーズンに挑戦することとなった。

リカルド・トルモの隣町チヴァ出身のマルティンは、フル参戦デビューシーズンとなった昨年に引き続き、アレックス・デボン率いるモータースポーツ・69からの継続参戦を予定していたが、経済的な問題により、今年1度目のオフィシャルテストから新天地を探していた。

「チャンピオンシップにデビューする可能性を提供してくれたチームに戻れることができ、すごく嬉しい。このチームで走れることは光栄だ」と、古巣復帰を喜んだ。

成績不振のライダーと交代して、2008年シーズンの終盤4戦に同チームから参戦した経験がある。

「目標を決めるのは早すぎるけど、毎戦トップ10争いができればすごくいい。2年目だから、大きくステップアップしたい。」

2年ぶりに3人体制を再結成したチームマネージャーのホルヘ・マルティネス・アスパルは、「アドリアンはシーズンの主役になるでしょう。ポテンシャルがあり、ニコとエクトルがチームメイトとなる環境から、大きな経験を積めます。」

「チームは過去にグッドなリザルトを獲得した3人体制に戻ります。3クラスで合計6人のライダーを起用しますが、チーム全員がこのプロジェクトに興奮しています。アドリアンに提供するバイクを直ぐに準備します。」

初のフルエントリーでランク15位に入ったマルティンは、3月4日からのオフィシャルテストでデビューする。

アスパル・チームの起用ライダーとリザルト

2010年
N.テロール: ランク2位
B.スミス: ランク4位

2009年
J.シモン: チャンピオン
B.スミス: ランク2位
S.ガデア: ランク5位

2008年
G.タルマクシ: ランク3位
S.ガデア: ランク12位
P.トゥトゥサウス: ランク26位

A.マルティン: ランク33位

2007年
G.タルマクシ: チャンピオン
H.ファウベル: ランク2位
S.ガデア: ランク7位

2006年
A.バウティスタ: チャンピオン
H.ファウベル: ランク3位
S.ガデア: ランク5位

2005年
H.ファウベル: ランク9位
S.ガデア: ランク12位
J.カルチャノ: ランク29位
M.トゥネス: 0ポイント
J.ミラーレス: 0ポイント

2004年
P.ニエト: ランク6位
S.ガデア: ランク19位

2003年
H.バルベラ: ランク3位
P.ニエト: ランク7位

2002年
P.ニエト: ランク6位
H.バルベラ: ランク14位

2001年
A.ロドリゲス: ランク20位

2000年
A.ヴァンサン: ランク7位

1999年
A.ヴァンサン: ランク7位
J.ビダル: ランク16位

Tags:
125cc, 2011, Adrian Martin, Mapfre Aspar Team MotoGP

Other updates you may be interested in ›