初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.フォルガー、新天地に好印象

J.フォルガー、新天地に好印象

マルケスのデータを参考にテストを進め、ライディングスタイルの改善を確。新天地で好発進した。

レッドブル・アジョ・モータースポーツのジョナス・フォルガーは、バレンシアとエストリルで開催されたオフィシャルテストに参加。新天地での手応えを説明した。

フル参戦3年目を迎え、今年初テストとなったバレンシアでは、「感動的なテストだった。新しいチームとの初テストはすごく良かった。非常にプロフェショナルで、メカニックに情報を伝えると、ポジティブな反応がある。実戦的で、これは大きな助けとなる」と、手応えを強調。

「それに、このアプリリアRSAは、昨年乗っていたRSAとは大きく違う。ポジティブだ。マルケスのデータと比較することができ、大きく役立った。もっとスイートに走らせないと。今までは、ハードブレーキングだったから、ライディングスタイルを変える必要がある。」

バレンシアでは、1日目11番手。2日目10番手、3日目8番手とステップ・バイ・ステップで調子を上げて行くと、エストリルでは1日目に5番手。2日目は走行をキャンセルしたが、3日目には3番手に浮上した。

「たった30ラップしか走れなかった。ヘレスで天候に恵まれないと、開幕戦はかなりシリアスとなる。唯一ポジティブだったのは、チームの士気が高いこと。このチームでの仕事を楽しんでいる。すごく快適だ」と、2度目のテストを振り返った。

3度目のオフィシャルテストを前に、オーストラリア・タールガウにあるレッドブル・トレーニングセンターを訪れ、フィジカルトレーニングに取り組む。

エストリル
1日目: 1分50秒7
3日目: 1分49秒5

2010年ポールポジション: B.スミス – 2分00秒148
2010年ファーステストラップ: M.マルケス – 1分48秒088

サーキットレコードラップ: G.タルマクシ – 1分45秒027(2007年)
サーキットベストラップ: M.パシーニ – 1分44秒675(2007年)

バレンシア
1日目:1分43秒1
2日目: 1分41秒9
3日目: 1分41秒5

2010年ポールポジション: M.マルケス – 1分39秒564
2010年ファーステストラップ: M.マルケス – 1分40秒216

サーキットレコードラップ: H.ファウベル – 1分39秒380(2007年)
サーキットベストラップ: G.タルマクシ – 1分39秒029(2007年)

Tags:
125cc, 2011, Jonas Folger, Red Bull Ajo MotorSport

Other updates you may be interested in ›