初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハ、Moto3の開発に着手

イギリスの専門誌、MCM (モーターサイクルニュース)は、ヤマハが2012年からスタートするMoto3クラスのプロトタイプマシン開発に着手したことを報じた。

取材に応えたヤマハ発動機の古沢政生執行役員MC事業本部技術統括部長は、「エンジンとコンプレートバイクを準備しています。まだトラックテストを実施していませんが、シャーシとエンジンのコンピュータシミュレーションを進めています。ヤングライダーの成長のために、我々は何かをやらなければいけません。そのために、Moto3に取り組みます」と、発言。

エンジンはモトクロスのYZ250Fがベース。2012年からの参戦に関しては触れなかった。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›