初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソ、ロングランで問題発見

A.ドビツィオーソ、ロングランで問題発見

今年初のロングランを実行し、問題を発見したが、テスト全体の仕上がり具合には、満足感を示した。

レプソル・ホンダのアンドレア・ドビツィオーソは、3日間のオフィシャルテストを終え、総合4番手に進出。前回の5番手から浮上した。

1回目のテストでは3日目に2分00秒台を2回記録すれば、今回は7回(3日目に5回)記録。シャーシの比較テストをはじめ、ジオメトリー、電子制御のプログラムを消化すると、16時からは連続15ラップを実行。今年初のロングランで、2分02秒前半のアベレージを刻んだ。

「シミュレーションで、僕たちは速く、ストロングであることを確認。僕たちは戦えるけど、シミュレーションの後、2009年の幾つかのレースで発生したフロントタイヤの問題が見つかった。数ラップ後に、コーナーの真ん中でグリップが低下してしまう」と、問題点を指摘。

「テストにはすごく満足だけど、全てが完璧ではない。燃料タンクに5リットルを加えた後に発生したこの問題を検証しなければいけない。」

「この問題を含め、沢山の周回を重ね、昨年よりもストロングだった。この問題がなければ、ダニやケーシーと似たようなリズムで走ることができたと思う。」

総合4番手に浮上したドビツィオーソは、3月13日からのオフィシャルテストに参加する。

2‐1日目: 2分01秒747 (54ラップ)
2‐2日目: 2分00秒531 (46ラップ)
2‐3日目: 2分00秒541 (45ラップ)

1‐1日目: 2分02秒507 (57ラップ)
1‐2日目: 2分01秒512 (48ラップ)
1‐3日目: 2分00秒945 (51ラップ)

2010年公式予選: 2分01秒829
2010年決勝レース: 2分02秒427

2010年ポールポジション: J.ロレンソ - 2分01秒537
2010年ファーステストラップ: V.ロッシ - 2分02秒117
サーキットレコードラップ: C.ストーナー - 2分02秒108(2007年)
サーキットベストラップ: V.ロッシ - 2分00秒518(2009年)

Tags:
MotoGP, 2011, Andrea Dovizioso, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›