初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

QMMF・レーシング、プロジェクトを発表

QMMF・レーシング、プロジェクトを発表

カタール連盟の全面的なバックアップを受けた中東初のチームが誕生。同じアジアのモリワキを使用する。

QMMF・レーシング・チームは25日、新規参戦となる2011年シーズンに向けて、チームプロジェクトを発表した。

カタール人のマチェル・アル・ナイミとスペイン人のリカルド・カルドゥスを起用するカタール連盟のMoto2チームは、2月に入ってから、ロサイリ・インターナショナル・サーキットで4日間の技術準備と8日間のテストを実行。

チームコーディネーターのスペイン人、ルイス・ロドリゲス・ソラノは、「チームを立ち上げてから僅か3ヶ月。ドーハに着いたときには、まだ個人が集まっただけのグループでしたが、この短期間でチームとなりました。仕事の流れが非常にスムーズとなり、成功に向けて歩んでいます」と、新チームの状態を説明。

「カタール連盟とMotoGPに情熱を持つカタール人たちの全面的な支援は最高です。マチェルの経験を活かし、ストロングになることを期待しています。」

「モリワキのプロトタイプマシンは、レースに勝ち、タイトルを獲得しました。モリワキファミリーは、可能な限り後押ししてくれることから、我々はグレートなテクニカルパッケージを所有します。」

「我々の仕事は、我々のヤングライダーたちが可能な限り上位に接近させることです。同時に我々は現実主義者にならなければいけません。昨年トップ20が僅か1秒以内に接近することが多くの機会でありました。このクラスは非常に混戦し、多くのタレントたちが22位、23位でフィニッシュすることから、このポジションに位置できれば、誇りを感じます。」

チャンピオンシップ初のカタールチームは、開幕戦カタールGPの初日となる3月17日に、チーム発表会を予定している。

Tags:
Moto2, 2011, Mashel Al Naimi, QMMF Racing Team

Other updates you may be interested in ›