初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

B.スピース、初のヤマハ勢1番時計

B.スピース、初のヤマハ勢1番時計

転倒の影響を受け、早めにテストを切り上げたが、2日間連続してヤマハ最高位でテストを終了した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのベン・スピースは、オフィシャルテスト3日目に5番時計を記録。ヤマハ勢最高位の総合5番手に進出した。

今年1度目のテストで総合6番手に入った後、1日目6番手を維持すると、2日目には4番手に浮上。初めてヤマハ勢のトップに立つと、3日目には午前中に2分00秒台を3連発。昨年公式予選で記録したタイムから1.315秒短縮することに成功。

2日目の転倒により、身体を打撲していることから、誰よりも早く13時前に、テストを切り上げた。

「非常に生産的なテストとなった。ちょっとしたミス(2日目の転倒)があったけど、ポジティブ。計画していたプログラムを消化することができた。まだやるべきことがあるけど、もちろん、レースリズムからはあまり遠くない」と、2分01秒台のアベレージで周回を重ね、着実な進歩に手応えを強調。

「予選に向けて、2ラップだけもう少し速く走るバイクを見つけないと。今日は最速ラップをマークするには理想的なコンディションではなかった。午前中のタイムには大満足。次のカタールの前に、もっと涼しい実家で数日間休憩したい。」

スピースは、開幕戦の舞台で予定されている3月13日からのオフィシャルテストに参加する。

2‐1日目: 2分01秒808 (47ラップ)
2‐2日目: 2分00秒824 (54ラップ)
2‐3日目: 2分00秒678 (32ラップ)

1‐1日目: 2分02秒332
1‐2日目: 2分01秒508
1‐3日目: 2分01秒002

2010年公式予選: 2分01秒993
2010年決勝レース: 2分02秒773

2010年ポールポジション: J.ロレンソ - 2分01秒537
2010年ファーステストラップ: V.ロッシ - 2分02秒117

サーキットレコードラップ: C.ストーナー - 2分02秒108(2007年)
サーキットベストラップ: V.ロッシ - 2分00秒518(2009年)

Tags:
MotoGP, 2011, Ben Spies, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›