初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、昨年の再現できずに12番手に後退

N.ヘイデン、昨年の再現できずに12番手に後退

175ラップを周回。最終日にセパンでの自己ベストを記録したが、アベレージが上がらず、上位陣から大きく離された。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは、オフィシャルテスト3日目、12番手に進出。8番手だった今年1度目のテストから12番手に後退した。

昨年は、2回目のテストで8番手から3番手に浮上したが、今年は0.777秒差の8番手から1.804秒差の12番手に後退。2分01秒台を僅か5回記録しただけに止まった。

「今回のテストで、電子制御やジオメトリーなど、沢山のオプションを試した。フィーリングの改善と機能しないことの削除などにトライ。根本的に、今シーズン機能できるベースセッティングを追求することに集中した」と、テストを総括。

「僕たちは後方に位置する。重要な問題が原因ではなく、細かい点の組み合わせにより、期待していた結果が得られなかったと言うこと。」

「グッドなバイクとグッドなチームがある。決定的にベストを尽くさなければいけない。やるべき仕事が沢山あるけど、僕たちは進歩した。次のテストで試す幾つかのオプションがある。このバイクのポテンシャルを最大限に引き出すために、懸命に働かなければいけない。」

チームメイトと同タイムだったヘイデンは、2週間後、昨年のナイトテストで5番手に入り、開幕戦で4位を獲得した舞台を訪れ、プレシーズ最後のテストに挑む。

2‐1日目: 2分02秒680 (60ラップ)
2‐2日目: 2分02秒208 (44ラップ)
2‐3日目: 2分01秒469 (71ラップ)

1‐1日目: 2分03秒508 (65ラップ)
1‐2日目: 2分02秒379 (62ラップ)
1‐3日目: 2分01秒534 (60ラップ)

2010年公式予選: 2分01秒637
2010年決勝レース: 2分03秒062

2010年ポールポジション: J.ロレンソ - 2分01秒537
2010年ファーステストラップ: V.ロッシ - 2分02秒117

サーキットレコードラップ: C.ストーナー - 2分02秒108(2007年)
サーキットベストラップ: V.ロッシ - 2分00秒518(2009年)

Tags:
MotoGP, 2011, Nicky Hayden, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›