初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアス、MotoGPマシンへ再順応

T.エリアス、MotoGPマシンへ再順応

テスト項目が多く、多くのライダーたちのようにベストラップを狙うことやロングランを実行する時間がなかったが、着実なリズムアップを果たした。

LCR・ホンダのトニ・エリアスは、今年2度目のオフィシャルテストで、総合16番手だったが、着実な進歩があったことに認めた。

最後尾の17番手だった今年1度目のテストの後、収集したデータを基にベースセッティングを進めると、3日間を通して、リズムがアップ。予定していたテストプログラムが多かったことから、ベストラップもロングランも実行しなかった。

「3日間をトータルと考えれば、サスペンションとジオメトリーで進歩を果たした。これからの方向性が明白となり、僕たちの仕事に満足だ」と、満面の笑みで振り返った。

「ラップタイムには満足ではないけど、沢山の仕事があり、すごく忙しく、それどころではなかった。幾つかの比較テストに取り組み、1度目のテストと比べ、バイクのフィーリングが異なる。」

「最後のテストとなるカタールでは、もっと戦闘力を高めるために、収集したデータを確認する。このバイクに順応するために助けてくれるチームのみんなに感謝したい。」

LCR・ホンダは、開幕戦カタールGPの舞台で開催される3月13日からのオフィシャルテストに参加する。

2‐1日目: 2分02秒779 (63ラップ)
2‐2日目: 2分02秒941 (60ラップ)
2‐3日目: 2分02秒410 (57ラップ)

1‐1日目: 2分04秒238 (64ラップ)
1‐2日目: 2分04秒026 (58ラップ)
1‐3日目: 2分02秒916 (55ラップ)

2009年公式予選: 2分01秒980
2009年決勝レース: 2分15秒958

2010年ポールポジション: J.ロレンソ - 2分01秒537
2010年ファーステストラップ: V.ロッシ - 2分02秒117

サーキットレコードラップ: C.ストーナー - 2分02秒108(2007年)
サーキットベストラップ: V.ロッシ - 2分00秒518(2009年)

Tags:
MotoGP, 2011, Toni Elias, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›