初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、セパンと並行してヘレスでテスト実施

ドゥカティ、セパンと並行してヘレスでテスト実施

ファクトリーチームがセパンで、テストチームがヘレスでテストを実施。プレジオーシが巻き返しに自信を見せた。

ドゥカティのテストチームは、23日から3日間、ヘレス・サーキットで電子制御とシャーシセッティングを中心に、開発テストを実施した。

ファクトリーチームが、第17戦マレーシアGPの舞台、セパン・インターナショナル・サーキットで22日から3日間のテストに参加すれば、テストチームは、第2戦スペインGPの開催地で、好天候に恵まれた中、テストライダーのフランコ・バッタイーニが開発テストに着手。

ドゥカティ・コルセのジェネラルディレクター、フィリッポ・プレジオーシは、「セパンでテストを実施したオフィシャルテストと親密なコラボレーションにより、ソフトウェアの一連のテストを、フランコと共に進めました。バレンティーノとニッキーの印象をベースとして、次ぎのテストに具体的な解決策を提供するために、並行して仕事に取り組みました。」

「シャーシセッティングの作業も継続。月曜にファクトリーでデータを回収し、セパンのデータと比較します」と、説明。

セパンでは、バレンティーノ・ロッシが総合11番手。ニッキー・ヘイデンが総合12番手。ホンダ勢、ヤマハ勢、スズキから遅れを取ったが、巻き返しに自信を見せた。

「セパンでは、期待していたポジションで終わりませんでしたが、幸運がなかったことも理由の一部です。期待できるテストの始まり方でしたが、バレンティーノが病気にかかってしまいました。1日を失ってしまい、最終日に全ての仕事を実行することを強いられました。」

「ニッキーとチーム全員は、全力で仕事に取り組みました。ファクトリーも同じです。我々の目標に集中し、この同じようなレベルで仕事を続ければ、我々のポテンシャルが発揮されることは確かです。」

ファクトリーチームは、3月13日から2日間、開幕戦カタールGPの舞台となるロサイリ・インターナショナル・サーキットで開催される3度目のオフィシャルテストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2011, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›