初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MZ、2タイプのシャーシでシーズンスタート

MZ、2タイプのシャーシでシーズンスタート

ウエストがMZのオリジナルマシンで開発を継続すれば、ノイキルヒナーはFTRを使用する。

MZ・レーシングは、今年3度目のオフィシャルテストと開幕戦カタールGPに、2タイプのシャーシを投入することを発表した。

同チームから継続参戦するアンソニー・ウエストは、MZが開発するスチール・チューブ・トレリス・フレームと改良されたリアサスペンションが搭載されたオリジナルマシンを使用。

スーパーバイク世界選手権から転向してきたマックス・ノイキルヒナーは、ヘレス・サーキットでFTR製のMoto2マシンを初テストする。

MZの代表マルティン・ウィマーは、「我々のニューシャーシは、プロトタイプマシンのレプルカがベースとなりますが、開発プロセスにおいて、ものごとの全てが順調に進んでいないことから、開幕戦から高いレベルでレースが許される暫定的な解決策を見つける必要がありました。」

「カレル・アブラハムは、このバイクで最終戦に優勝しました。このバイクでできることを理解しています。この状況から最大限を引き出し、注意深く分析し、2人のデータを比較します。MZの改良を助けてくれる興味深い細かい点が見つかるかもしれません」と、FTRの使用理由を説明。

MZ・レーシングは、オリジナルマシンの開発に向けて、スペイン選手権に参戦。昨季レーシング・チーム・ジャーマニーから参戦していたアルネ・トーベを起用する。

Tags:
Moto2, 2011, Anthony West, Max Neukirchner, MZ Racing Team

Other updates you may be interested in ›