初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト3日目:S.ブラドル、最速ラップで制す

オフィシャルテスト3日目:S.ブラドル、最速ラップで制す

ブラドルとマルケスが1分43秒台を突破すれば、3番手に進出した高橋がロングランで最速リズムを刻んだ。

Moto2クラスのオフィシャルテスト3日目、最終日は6日、ヘレス・サーキットで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマーク。今年3度目のテストを制した。

路面温度25度のドライコンディションの中、プレシーズン最後のセッションが10時にスタートすると、多くのライダーたちが積極的にテストプログラムを消化。バレンティン・デービスとポル・エスパルガロの86ラップを筆頭に、マイク・ディ・メッリオ、リカルド・カルドゥスが80ラップ以上を周回。

2日目の合同セッションでトップだったブラドルは、13時41分に1分43秒台を突破する1分42秒687の1番時計を記録した後、連続20ラップのレースシミュレーションを実行。

2日目に転倒を喫したマルク・マルケスも1分43秒台を1度突破。0.283秒差の2番手に進出した。

2日目4番手の高橋裕紀は、10時45分にコースイン。トップから0.641秒差となる1分43秒338の3番時計を記録した後、14時過ぎからは、連続13ラップのロングランを実行。1分43秒台の最速リズムを刻んだ。

1日目と2日目を制したトーマス・ルティとシモーネ・コルシがトップ5入り。アレックス・エスパルガロ、フリアン・シモン、スコット・レディング、ミケーレ・ピロ、クラウディオ・コルティのトップ10が1分43秒台を記録した。

16時から16時55分までの単独セッションでは、14人が参加。ドミニケ・エジャーターが1分44秒378の1番時計を記録。

新人ファビエル・フォーレスは、合同セッション中に7コーナーで125ccクラスのライダーと接触。転倒を喫した際に右手を骨折した。

38人のレギュラーライダーたちは、3日間のオフィシャルテスを終了。3月17日に開幕戦カタールGPを迎える。

オフィシャルテストリザルト

1日目: T.ルティ - 1分43秒802
2日目: S.コルシ - 1分43秒046
3日目: S.ブラドル - 1分42秒687

2010年ポールポジション: 富沢祥也 – 1分44秒372
2010年ファーステストラップ: T.エリアス – 1分44秒710

Tags:
Moto2, 2011

Other updates you may be interested in ›