初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FIM研究所、モーターランド・アラゴンに設置

FIM研究所、モーターランド・アラゴンに設置

FIMは、モータースポーツの調査研究を目的に建設されたモーターランド・アラゴンと協力し、安全面の向上を着手する。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は9日、スペイン・アラゴン州政府、モーターランド・アラゴンとの間で、FIM研究所を設置することに合意。調印式を行った。

契約期間は、延長のオプションを含めた3年。プロテクションのマテリアルやシステムをはじめ、サーキットの建設や改修を含めたサーキットの基準に関連する分野の研究を目的に、FIM研究所をサーキット内のテクノパークに設置。

昨年アラゴンGPが初開催された際に発表されたモーターサイクルエンジニアリング基金の2WTCビル(ツー・ホイル・テクニカル・センター)においては、ライダーのエキップメントや医療施設など、安全面に関しても研究に取り組む。

モーターランド・アラゴンで行われた調印式には、FIM会長のビト・イッポリト、アラゴン州副知事兼モーターランド・アラゴン代表のホセ・アンヘル・ビエル、ドルナスポーツCEOのカルメロ・エスペレータらが出席した。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›