初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

リズラ・スズキ、2011年型GSV-Rを披露

リズラ・スズキ、2011年型GSV-Rを披露

800ccのラストシーズンに向け、スズキが開発した2011年型GSV-Rが発表された。

リズラ・スズキは10日、アルバロ・バウティスタが使用する2011年型GSV-Rを、リズラ・スズキのホームページで発表した。

来年から施行されるレギュレーションにより、ラストバージョンとなった今年型の800ccマシンは、昨年11月のテストから安定して上位に進出。

パフォーマンス向上の要因は、ホースパワー(馬力)、ドライバリティ(運転性)、デュラビリティ(耐久性)が改良されたエンジン。特に低速コーナーからの立ち上がりにおいて、アクセレーションが良くなった。

アップグレードされたエンジンに加え、シャーシとスイングアームも昨年型より改善。進歩した電子制御により、トラクションが増し、アンチウイリーの信頼感が高まった。

タイトルスポンサー、リズラ社のロゴは、トロイ・リー・デザインにより、よりダイナミックにデザインされた。

Tags:
MotoGP, 2011, Alvaro Bautista, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›