初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:C.ストーナー、フリー走行完全制覇の3連続1番時計

フリー走行3:C.ストーナー、フリー走行完全制覇の3連続1番時計

オフィシャルテストから1番時計を連発するストーナーが、3度のフリー走行で総合1番手。ペドロサが最速リズムで唯一猛追するタイム差で接近すれば、ドビツィオーソが続き、レプソル・ホンダが上位を独占。ロレンソ、スピースのヤマハ勢が続くと、バルベラがドゥカティ勢の1番手に進出。青山は総合13番手だった。

開幕戦カタールGPのフリー走行3は18日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温19度。路面温度19度のドライコンディションの中、フリー走行1、フリー走行2を連続して制したストーナーは、1分55秒台を5回記録。1分55秒035の1番時計を記録した。

セッションをリードしたダニ・ペドロサは、0.158秒差の2番手だったが、1分55秒台を最多の7回記録。

アンドレア・ドビツィオーソは、0.705秒差の3番手。4番手から浮上して、レプソル・ホンダの3人が上位を独占した。

ホンダ勢に続いたのは、ヤマハ勢のホルヘ・ロレンソとベン・スピース。ロレンソは連続13ラップを実行した。

ドゥカティ勢のトップは、エクトル・バルベラ。1.231秒差の6番手に進出すれば、コーリン・エドワーズがサテライト勢のトップに立つ。

バレンティーノ・ロッシは、1.271秒差の8番手。ランディ・ド・プニエ、ロリス・カピロッシがトップ10入り。

青山博一は、1分56秒台のリズムを掴み、1.482秒差の12番手だった。

公式予選は、明日19時55分から行われる。

Tags:
MotoGP, 2011, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, FP3

Other updates you may be interested in ›