初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:N.テロール、3度のフリー走行を制す

フリー走行3:N.テロール、3度のフリー走行を制す

3度のフリー走行で圧倒的な速さを証明したテロールが、総合トップ。バスケス、コルテセ、ガデア、フォルガーがトップ5入りすれば、尾野はステップ・バイ・ステップでタイムアップ。3度の総合で19番手だった。

開幕戦カタールGPのフリー走行3は18日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマーク。3連続の1番時計を記録した。

気温20度。路面温度20度のドライコンディションの中、フリー走行1と2を制した昨年の勝者テロールは、2分07秒台を唯一突破する2分06秒957の1番時計を記録。3度のフリー走行を制した。

初日総合6番手のエフレン・バスケスは、0.931秒差の2番手に浮上すれば、総合2番手のサンドロ・コルテセは、1.146秒差の3番手。セルジオ・ガデア、ジョナス・フォルガーが続いた。

同舞台に初挑戦するミゲール・オリベイラは、2度の転倒を喫したが、11番手から6番手に浮上。セッション終了間際に転倒を喫したエクトル・ファウベル、ルイス・サロン、ヨハン・ザルコ、アルベルト・モンカヨがトップ10入り。

初日総合15番手の尾野弘樹は、4.072秒差の19番手だった。

公式予選は、明日18時00分から行われる。

Tags:
125cc, 2011, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, FP3

Other updates you may be interested in ›