初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハ・ファクトリーの両雄、表彰台争いに自信

ヤマハ・ファクトリーの両雄、表彰台争いに自信

ロレンソはフリー走行から着実にステップアップ。3年連続の3番グリッド、4年連続の1列目を確保すれば、スピースは昨年の11番グリッドから5番グリッドに浮上した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソとベン・スピースは、開幕戦カタールGPの公式予選で、3番手と5番手。明日の決勝レースは、1列目と2列目から迎える。

総合4番手のロレンソは、連続11ラップのロングランを実行した後、最後のコースインで1分55秒台を突破。0.810秒差の3番手に入り、1列目を確保した。

「本当に素晴らしいタイムがあった。まだ、速いライダーたちの後ろにいるけど、僕たちの目標は表彰台。それを目指さないと。リズムはすごくいい。1分55秒7、55秒8で走ることができる。ウォームアップでセッティングを仕上げよう」と、テストで失われていた笑顔が戻った。

総合5番手のスピースは、1分55秒台を6回記録。0.958秒差の5番手だった。

「4番グリッドよりも5番グリッドの方がいいけど、1列目に並びたかった。完璧なセッションではなかった。完璧なラップができなかったけど、それは数度しかできない。」

「僕たちは上位陣からそれほど遠くない。あと、コンマ2秒伸ばすことができたかもしれない。表彰台を争うには、グッドなパッケージがある。できることの中でベストを尽くした。シーズンのスタートとしては悪くない」と、評価を下した。

J.ロレンソ
FP1: 1分56秒586 (18ラップ)
FP2: 1分56秒220 (18ラップ)
FP3: 1分55秒814 (21ラップ)
QP: 1分54秒947 (26ラップ)
1日目: 1分56秒682 (60ラップ)
2日目: 1分56秒707 (48ラップ)

2010年公式予選: 1分55秒520
2010年決勝レース: 1分56秒042

B.スピース
FP1: 1分56秒493 (17ラップ)
FP2: 1分56秒116 (18ラップ)
FP3: 1分56秒003 (21ラップ)
QP: 1分55秒095 (26ラップ)
1日目: 1分56秒563 (38ラップ)
2日目: 1分56秒294 (45ラップ)

2010年公式予選: 1分56秒271
2010年決勝レース: 1分56秒087

2010年ポールポジション: C.ストーナー – 1分55秒007
2010年ファーステストラップ: C.ストーナー – 1分55秒537

サーキットレコードラップ: C.ストーナー – 1分55秒153(2008年)
サーキットベストラップ: J.ロレンソ – 1分53秒927(2008年)

Tags:
MotoGP, 2011, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, Ben Spies, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›