初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エスパルガロ兄弟がMoto2クラスにデビュー

エスパルガロ兄弟がMoto2クラスにデビュー

エスパルガロ兄弟が初めて同クラスのレースに参加。両雄とも上位進出とポイント圏内フィニッシュの目標を達成できず、悔しいレースとなったことを語った。

ポンス・HP・40のアレックス・エスパルガロとHP・トゥエンティ・スピードアップのポル・エスパルガロは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、Moto2クラスに揃ってデビューした。

最高峰クラスから転向してきたアレックスは、ウォームアップ走行で5番手に浮上して迎えた決勝レースだったが、14番グリッドから6人による9位争いで11位。4台のカレックス勢で2番手だった。

「序盤は酷かった。バイクの多さに混乱してしまい、ポジションを上手く取れなかった。フロントタイヤの信頼性もなく、大きくポジションを落としてしまった」と、上位進出ができなかった理由を説明。

「中盤からは上手く走れたけど、ポジションを上げることが難しかった。抜いても抜き返されてしまい、リズムに乗れなかった。大きな期待感があったけど、11位で終わったことに満足できない。ヘレスではもっと上手くやれるはずだ。」

125cクラスから昇格したポルは、24番グリッドからチームメイトのバレンティン・デービスに競り勝って22位。10台のFTR勢で4番手だった。

「ポイント圏外だったから、夢のデビューにはならなかった。優勝争いが習慣だったけど、セッションの後で、ポイントを稼ぐことは難しいと覚悟していた。僕は懸命に働く。このクラスで戦闘的になれることに疑わない。」

次戦は、地元グランプリとなるスペインGP。ヘレスで開催されたオフィシャルテストでは、5番手と30番手だった。

Tags:
Moto2, 2011, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, Pol Espargaro, Aleix Espargaro, HP Tuenti Speed Up, Pons HP 40

Other updates you may be interested in ›