初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第2戦スペインGP:Moto2クラスプレビュー

第2戦スペインGP:Moto2クラスプレビュー

開幕戦ではブラドルが独走優勝。シモン、マルケス、エスパルガロら地元勢が巻き返しを狙えば、オフィシャルテストで最速リズムを刻んだ高橋が虎視眈々と今季初優勝を狙う。

第2戦スペインGPは、1日ヘレス・サーキットで開幕。3日に決勝レースが行われ、ステファン・ブラドルがポイントリーダーとして登場する。

プレシーズンのテストで安定して上位に進出していたブラドルは、初のポールポジションからカレックスに初優勝をもたらした。2007年に外国人として初めてスペイン選手権125ccのタイトルを獲得し、オフィシャルテストで1番時計を記録した舞台に挑戦する。

1年目ランク3位のアンドレア・イアンノーネとランク4位のトーマス・ルティは、2位と3位スタート。シューターに乗り換えて、好発進した。

攻めの走りに徹した高橋裕紀は、結果的には5位だったが、昨年の転倒リタイヤと比較すれば、新天地で幸先のスタートを切った。昨年フィニッシュラインまで優勝争いを繰り広げたヘレスで開催されたオフィシャルテストでは3番時計だったが、最速アベレージを刻む快走を見せていたことから、2戦連続の上位進出に期待が高まる。

デビュー戦で転倒を喫したマルク・マルケスをはじめ、10位のフリアン・シモン、11位のアレックス・エスパルガロ、転倒が影響して31位だったスコット・レディングらは、オフィシャルテストではトップ8入り。欧州ラウンドからの巻き返しを狙う。

Tags:
Moto2, 2011, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›