初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第2戦スペインGP:MotoGPクラスプレビュー

第2戦スペインGP:MotoGPクラスプレビュー

ヨーロッパラウンドのオープニングレースが今年もヘレスで開催。ポイントリーダーのストーナーをはじめ、地元出身のロレンソとペドロサ、ヘレスで8勝の実績があるロッシ、そして、青山のパフォーマンスにも注目が集まる。

第2戦スペインGPは、1日ヘレス・サーキットで開幕。3日に決勝レースが行われ、ケーシー・ストーナーがポイントリーダーとして登場する。

800ccクラスの初シーズンとなった2007年のオープニングレースでドゥカティ・マールボロでのデビュー戦を飾ったストーナーは、それを再現するように、800ccクラスのラストシーズンとなった2011年のオープニングレースを制し、新天地レプソル・ホンダでの幸先のスタートを切った。

過去、開幕戦を制した後の2戦目では、2007年5位、2008年11位、2009年4位。9年間のヘレス挑戦では、2009年の3位が最高位。好成績を残していない舞台で、どのようなパフォーマンスを見せるのか、注目が集まる。

オープニングレースでは、トップ5に4台のホンダ勢が進出。ここ数年間ホンダのエースライダーを務めているダニ・ペドロサは、3年ぶりに開幕戦で表彰台を獲得したが、昨年の負傷からまだ完治しておらず、左腕の治療に専念している。

好発進したアンドレア・ドビツィオーソとマルコ・シモンセリは、欧州ラウンドの緒戦に勢いを持ち込み、今季初表彰台を狙う。

ホンダ勢に唯一対抗したのは、ホルヘ・ロレンソ。オフィシャルテストからステップ・バイ・ステップでリズムアップすて、最終的に2位に進出。昨年逆転優勝を果たした地元舞台に向けて、弾みをつけた。

ヤマハのファクトリーチームからデビューしたベン・スピースは、昨年フロントに不具合が出てしまい、リタイヤを強いられたヘレスで上位進出を目指す。

バレンティーノ・ロッシは、新天地でのデビュー戦で9番グリッドからドゥカティ最高位の7位。今週末は、ヘレスで2度のテストを実施したテストチームのデータを参考に、9位だったニッキー・ヘイデンと共に、欧州ラウンドの緒戦で仕切り直す。

スズキは、左脚大腿骨を骨折したアルバロ・バウティスタの代役にジョン・ホプキンスを指名。カタールで開催されたオフィシャルテストの前日には、プロモーションビデオの撮影のために、800ccマシンを走らせていたが、フリー走行1から本格的に適応に専念する。

オープニングレースで10位だった青山博一は、活動の拠点バルセロナに戻り、フィジカルトレーニングを継続。昨年12番グリッドから14位だったヘレスで、シングルフィニッシュを狙う。

開幕戦で期待通りの走りを見せられなかったエクトル・バルベラとトニ・エリアスは、気持ちを切り替え、地元グランプリに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›