初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

K.ノエス、サスペンションを変更

K.ノエス、サスペンションを変更

高橋、ピロに続き、サスペンションをオーリンズからビチューボに変更。地元ヘレスで昨年の再現を目指す。

アビンティア‐STXのケニー・ノエスは、第2戦スペインGPからサスペンションをビチューボに変更。サスペンション担当者も招へいして、2年目の飛躍を狙う。

1月中旬、スペイン選手権時代に所属していたBQRが母体となる同チームから2年目の参戦が決定した31歳のアメリカ人ライダーは、ハリスからFTRに乗り換え、バレンシアテストでは31番手。ヘレステストでは26番手。

開幕戦カタールGPで34番グリッドから24位でチェッカーを受けた後、戦闘力アップに向けて、グレシーニ・レーシングに続き、サスペンションをオーリンズからビチューボに変更することを決定した。

今週末の第2戦スペインGPは、昨年9番グリッドから優勝争いを展開。7位でフィニッシュして、存在感をアピールした。

「カタールがすごく難しい展開だったけど、ヘレスでは幾つかの理由でものごとが大きく良くなるはずだ。1つ目は、僕が長年一緒に働いてきた信頼のおけるサスペンションのエンジニアがチームに加わった。2つ目は、サスペンションをビチューボに変更する。」

「3つ目は、ヘレスは僕のお気に入りトラック。昨年は一時レースをリードして、エリアス、富沢とのバトルはナイスだった。4つ目は、12月に手術を受けた左肩の痛みが解消されたことだ」と、上位進出の条件が整ったことを強調。

「金曜から、最初の2つに関して順応するために懸命に働くつもりだ。上手く行けば、目標である上位争いができるはずだ。毎レース、ポイント獲得という野心を持って飛び出すけど、今回はヘレス。スペインのライダーとチームにとっては特別な舞台だから、最低でもトップ10争いがしたい。」

Tags:
Moto2, 2011, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Kenny Noyes, Avintia-STX

Other updates you may be interested in ›