初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第2戦スペインGP:プレスカンファレンス

第2戦スペインGP:プレスカンファレンス

オープニングレースを制したストーナーをはじめ、過去にヘレスで優勝を挙げたロレンソ、ペドロサ、ロッシ、シモンセリが共同会見に登場。ヨーロッパラウンドにオープニングレースに向けて、抱負を語った。

第2戦スペインGPのプレスカンファレンスは31日、ヘレス・サーキットのプレスカンファレンスルームで行われ、グランプリの主役たちが出席した。

開幕戦を制したケーシー・ストーナーは、「最初のレースに勝ったのは良かった。このトラックで、残りのシーズンに向けて、明白なアイデアを持てるようになると思う。シーズンのベストスタートとなったけど、ヨーロッパラウンドのスタートに興奮している。」

「ヘレスは過去あまりにも良くなかったサーキットだけど、常に状況が一転する時がある。それがモチベーションとなり、期待感がある。バイクへの信頼感があり、グッドなリザルトを獲得して、チャンピオンシップをキープしたい」と、新天地で上位進出を目指すことを語った。

昨年の勝者ホルヘ・ロレンソは、「カタールの後でここに来られて嬉しいけど、バイクがどのように機能するのか明日見てみよう。」

「バイクを進歩させよう。大きく改善することができる。それが僕たちの目標だ。全てが可能だ。エストリルでは何か試すことができるだろう。もしかしたら、もう少し先になるかもしれない」と、ホンダ勢とのギャップを詰めるために準備が進んでいることを説明した。

左鎖骨の再手術を発表したダニ・ペドロサは、「悪いところが見つかった。月曜か火曜に手術を受ける。医師団と一緒に問題を最終的に解決するために最善を尽くし、その後はエストリルに向けて回復にトライする。」

「ヘレスは常に特別。怪我のことを考えず、全力を尽くす。過去にはグッドなレースがあったし、グッドな週末とリザルトを期待する」と、レースに集中することを強調した。

右肩に不安を抱えるバレンティーノ・ロッシは、「難しいとき。異なった問題がある。最初は僕自身の問題で、100%に回復するためには時間が必要だ。その次はバイク。可能な限りベストな方法でデスモセディチを走らせるために、ベストコンディションになる必要がある。その一方で、多くのバイク、特にホンダ勢がビックステップを果たした。僕たちも同じようにステップアップしないと。」

「ヤマハでもビックなチャレンジだった。今回はレベルが高いから少し難しいと思う。それに僕自身の体調が理由。時間が必要だ」と、早期回復がマシン開発において重要なカギとなることを改めて説明した。

オープニングレースで5位に進出したマルコ・シモンセリは、「シーズンスタートは、昨年とは全く違う。最初にレースにハッピーだ。目標はグッドなレースをすること。上位陣に近づくこと。そして、可能ならば表彰台を獲得することだ」と、さらに上を目指すことを語った。

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›