初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:S.ブラドル、1番時計でフリー走行制す

フリー走行3:S.ブラドル、1番時計でフリー走行制す

1日目総合2番手のブラドルが1番時計を記録。フリー走行を制せば、マルケスが最終ラップに2番手に浮上。1日目に1番時計を記録したルティと高橋は最速リズムを刻めば、シモンが5番手。コルティ、ピロ、エスパルガロ、ソフォーグル、コルシがトップ10入りした。

第2戦スペインGPのフリー走行3は2日、ヘレス・サーキットで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温24度。路面温度28度のドライコンディションの中、初日2番手にブラドルは、1分43秒台を6回記録。4ラップ目に1分42秒906の1番時計を刻み、総合トップに立った。

フリー走行2で2番手に位置したマルク・マルケスは、3度のコースインで1分43秒台を3連発。0.404秒差の2番手を維持。

フリー走行1で1番時計を記録して、総合トップだったトーマス・ルティは、0.41秒差の3番手に後退したが、1分43秒台を最多の7回記録。

フリー走行2を制した高橋裕紀は、1分43秒台を6回記録。0.435秒差の4番手に位置。

フリアン・シモン、クラウディオ・コルティ、ミケーレ・ピロ、アレックス・エスパルガロ、ケナン・ソフォーグル、シモーネ・コルシがトップ10入り。

セッション開始から10分後、最終コーナーでポル・エスパルガロとスティーブン・オデンダールが接触転倒。オデンダールのマシンがトラック上に横転したことから、撤収のために赤旗が提示された。

Tags:
Moto2, 2011, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, FP3

Other updates you may be interested in ›