初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:S.ブラドル、開幕から2戦連続ポール奪取

公式予選:S.ブラドル、開幕から2戦連続ポール奪取

フリー走行3を制して、総合トップに立ったブラドルが1番時計。開幕から2戦連続して、ポールポジションを獲得すれば、高橋が最速リズムを刻み、今季最高の2番グリッドを獲得。ルティ、マルケス、スミス、デ・アンジェリス、ピロ、エスパルガロ兄、コルティまでがトップから1秒以内に進出した。

第2戦スペインGPの公式予選は2日、ヘレス・サーキットで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマーク。開幕から2戦連続して、ポールポジションを奪取した。

気温26度。路面温度33度のドライコンディションの中、フリー走行3を制して、総合トップに立った前戦勝者のブラドルは、1分43秒台を5回記録。1分42秒706の1番時計を記録して、通算2度目のトップグリップを獲得。

フリー走行2を制した高橋裕紀は、1分43秒台を突破して、0.282秒差の2番手。2年連続して1列目を獲得したが、1分43秒台を最多の10回記録した。

フリー走行1を制したトーマス・ルティは、0.582秒差の3番手。1分43秒台を8回記録すれば、2戦連続して1列目を確保すれば、総合2番手のマルク・マルケスは、1分43秒台を6回記録。終盤に転倒を喫したが、4番手に進出。

総合18番手のブラドリー・スミスは、5番手に浮上すれば、アレックス・デ・アンジェリス、ミケーレ・ピロ、アレックス・エスパルガロ、クラウディオ・コルティが続いた。

通算130戦目を迎えるフリアン・シモンとシモーネ・コルシは、10番手と18番手だった。

Tags:
Moto2, 2011, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, QP

Other updates you may be interested in ›