初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:N.テロール、ウェットセッションを制す

ウォームアップ走行:N.テロール、ウェットセッションを制す

2番グリッドのテロールが週末初のウェットコンディションの中で1番時計。バスケス、ファウベル、フォルガー、ビニャーレス、ポールポジションのコルテセは7番手。21番グリッドの尾野は14番手だった。

第2戦スペインGPのウォームアップ走行は3日、ヘレス・サーキットで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度17度のウェットコンディションの中、2番グリッドのテロールは、1分57秒240の1番時計を記録。

125ccクラス通算50戦目を迎えるエフレン・バスケスは、0.457秒差の2番手。通算150戦目を150戦目を迎えるエクトル・ファウベルは3番手。ジョナス・フォルガー、マーベリック・ビニャーレスが続いた。

ポールポジションのサンドロ・コルテセは、1.662秒差の7番手。

21番グリッドの尾野弘樹は、3.883秒差の14番手だった。

Tags:
125cc, 2011, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, WUP

Other updates you may be interested in ›