初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、王者に輝いた06年以来の表彰台

N.ヘイデン、王者に輝いた06年以来の表彰台

2年連続してドゥカティ勢の最高位でフィニッシュしただけでなく、タイトルを獲得した2006年以来となる表彰台を獲得した。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは、第2戦スペインGPの決勝レースで、11番グリッドから3位。昨年9月の第13戦アラゴンGP以来通算28度目、ドゥカティで3度目のの表彰台を獲得した。

ドゥカティ3年目のシーズンを9位でスタートした後、昨年ドゥカティ勢の最高位となったヘレスに戻って来ると、フリー走行1からシングルポジションに進出できず、ウェットコンディションとなったウォームアップ走行でも11番手。

厳しいレースが予想されたが、序盤は誰よりも速いリズムでポジションをアップ。終盤は粘りの走りで、3番手に進出した。

「レース終盤は簡単ではなかったけど、僕たちは表彰台。すごく嬉しい。序盤、トラクションが利いていたから、バイクのフィーリングが良かった。トラックは継続的に変化し、完全ウェットのコーナーがあれば、乾いているコーナーもあった。タイヤは消耗して行き、ミスを犯さないために集中した。」

「難しいシーズンのスタートだったけど、挑戦すれば、成功が得られる。チームに感謝したい。彼らはファンタスティックだ。まだやるべき仕事があるけど、僕たちのバイクは、遣り甲斐があることを証明した」と、会心の笑みで振り返った

ヘレスではタイトルを獲得した2006年以来となる表彰台を獲得したヘイデンは、ランク9位からドゥカティ勢最高位の4位に浮上。3週間後、昨年5位だったポルトガルGPに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Nicky Hayden, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›