初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2012年MotoGPクラスのアプリケーションプロセス

2012年MotoGPクラスのアプリケーションプロセス

最高峰クラスに於ける2012年からの競技規定の決定を受け、参戦を希望するチームの申請手続きが第3戦ポルトガルGPから始まる。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は6日、2012年MotoGPクラスのアプリケーションプロセスについて発表した。

MotoGPクラスの競技規定変更により、2012年以降の参戦を希望するチームが存在することから、FIM、ドルナ、IRTAは、2012年のチーム選出に関して、申請の手続きを次のように実施することに合意した。

2011年4月29日(金)‐第3戦ポルトガルGP1日目
チームはより多くの情報を入手する目的で、参戦への関心を示さなければいけない。クラスへの参戦資格があると考えられるチームは、詳細な情報と参戦の条件が提示された目論見書が送信される。

2011年5月13日(金)‐第4戦フランスGP1日目
まだ参戦を希望するチームは、目論見書で要求された詳細の情報によって、サポートが必要な正式申請書を提出しなければいけない。

全ての申請はルマンで検証され、チームは承認、却下、保留が通告される。チームの暫定リストは公表される。

2011年6月3日(金)‐第5戦カタルーニャGP1日目
承認されたチームは、保証金の納付が要求され、最終的な承認チームのリストが公表される。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›