初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ザルコ、新天地で初の表彰台獲得

J.ザルコ、新天地で初の表彰台獲得

チャンピオンチームに移籍して2戦目に初の表彰台を獲得。自己最高位となるランク4位に浮上した。

アバント‐エアアジア‐アジョのヨハン・ザルコは、第2戦スペインGPの決勝レースで、5番グリッドから3位。通算35戦目で、初の表彰台を獲得した。

レッドブル・ルーキージ・カップ出身のフランス人ライダー、ザルコは、チャンピオンチームに移籍して迎えたオープニングレースで、7番グリッドから6位。自己最高位タイでフィニッシュし、新天地で幸先のスタートを切った。

2戦目は、予選最高位タイの5番グリッドから、サンドロ・コルテセ、エフレン・バスケスとのバトルを展開。転倒が相次ぐサバイバルレースの中で安定した走りを見せた。

「表彰台獲得は最高だ。ランク4位。このポジションをキープできればグッド。チャンピオン候補であるテロールとのギャップを詰めることが、これからの目標だ」と、モチベーションが高まった。

「スタート時は路面が濡れていた。雨は降っていなかったけど、少しずつ雨足が強まったから、コルテセとバスケスの後ろに位置して、リズムをキープすることに集中した。」

「ビニャーレスとフォルガーに抜かれてけど、ビニャーレスはマシントラブルに見舞われ、フォルガーはリスクを冒して、3番手に浮上。コルテセとバスケスは18ラップ目に後退して、僕が4番手になった。僕はこのポジションにハッピーだったけど、最終ラップにファウベルが転んだのを見て、僕が3位を獲得できることに気がついた。」

自己最高位となるランク4位に浮上したザルコは、昨年転倒リタイヤを喫したエストリルで上位進出に挑戦する。

Tags:
125cc, 2011, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Johann Zarco, Avant-AirAsia-Ajo

Other updates you may be interested in ›