初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

K.シュワンツ:「エキサイティングなプロジェクト」

K.シュワンツ:「エキサイティングなプロジェクト」

テキサス出身のワールドチャンピオン、シュワンツがホームグランプリの開催に向けて大車輪の活躍。夢の実現に興奮した。

1993年500ccクラス王者ケビン・シュワンツは、アメリカ・テサキス州のオースティンで建設が進むニューサーキット、サーキット・オブ・ザ・アメリカズでのグランプリ開催に関して、「エキサイティングなプロジェクトだ」と、興奮した。

テキサス出身のシュワンツは、2012年中頃の完成が予定されている建設状況について、「建設現場の視察を終え、大変感激しました。非常にアトラクティブだと思います。」

「ライダーの視点から、グレートなトラックだと思います。チャレンジングになるでしょう。安全で、ナイスなロングラップ。グッドなところが多く、エキサイティングなプロジェクトです」と、印象を語った。

ホームグランプリ開催の実現に向けて、コースデザインの段階から、安全面に関するアドバイスを与えていた。

「私のテキサスでの友人の1人であるタヴォ・ヘルムンドは、このプロジェクトを促進しています。彼は3人の所有者の1人であり、F1に関して話しをしているとき、ここでバイクを導入するために安全面のことについて考えました。」

「私は毎日プロジェクトに関して働いている訳ではありませんが、ライダーにとって十分な安全を確保するために、デザイングループとのミーティングに出席しました。」

「全てはライダーです。もし、彼らが気に入り、愛してくれ、安全を感じてくれれば、一番の支持者となり、サーキットを話題にして、ここでのレースを語るでしょう。それが、ここに人々を惹きつけることになります。」

「スペインやイタリアのように、アメリカでMotoGPのプロフィールを確立するようにトライしたいです。」

Tags:
MotoGP, 2011, Kevin Schwantz

Other updates you may be interested in ›