初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、エストリルに向けて順調回復

D.ペドロサ、エストリルに向けて順調回復

再手術を受けた左鎖骨の検査を終え、ペドロサは第3戦ポルトガルGPが待ちきれない心境を語った。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは18日、バルセロナ市内の病院を訪れ、左鎖骨の検査を受けた。

今月5日に左鎖骨の再手術を受け、11日には手術の傷口に炎症がないことを確認。12日から物理療法士の指導の下、左肩のリハビリを始めていた。

「本当に順調。ここ数日間は医師のアドバイスに従い、早期回復を目指してリハビリに取り組んだ。今日は通常の検査を受け、順調の回復していることを確認したけど、ポルトガルでバイクに乗るまでは慎重にならなければいけない」と、回復具合を説明。

「この問題を早く忘れることができるか、早くバイクに乗って感触を確かめたい。ここ数日間はリハビリを続けながら、家で落ち着いて過ごした。回復という意味で、このブレークは良かったけど、チームと一緒に仕事がしたい。レースの習慣を取り戻したい。早くバイクに乗りたい。」

「ここまでを振り返ると、ケガを抱えた状態で36ポイントを稼ぎ、ポイントリーダーから9ポイント差。まだ始まったばかりのチャンピオンシップに向けてのバランスはすごくポジティブだ。」

手術から順調に回復していることを示し、ランク2位に好評価を下したペドロサは、第3戦ポルトガルGPに向けて、リハビリを進める。

Tags:
MotoGP, 2011, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›