初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第3戦ポルトガルGP:125ccクラスプレビュー

第3戦ポルトガルGP:125ccクラスプレビュー

テロールが開幕から2連勝。125ccクラス最後のタイトル獲得に向けて好発進。序盤で好走を見せた地元出身オリベイラに集まる。

第3戦ポルトガルGPは29日、エストリル・サーキットで開幕。1日に決勝レースが行われ、ニコラス・テロールがポイントリーダーとして登場する。

オープニングレースから2連勝を決め、ポイントリーダーの座を堅固なものとしたテロールは、11戦連続の表彰台獲得により、チームマネージャーのホルヘ・マルティネス・アスパルの通算26度の表彰台獲得にあと1つと迫った。

自己ベストタイの2位を獲得して、自己最高のランク2位に浮上したジョナス・フォルガーは、昨季のベストリザルト(4位)を獲得した舞台に臨む。

開幕から上位走行中にトラブルと転倒により、結果を出せなかったエクトル・ファウベルは、バレンシアで2日間のテストを実施。2007年に優勝、2005年と2006年に2位を獲得した舞台で、仕切り直す。

ヘレスで3位走行中に転倒を喫したが、カタールではポルトガル人として史上2人目のポイント奪取に成功したミゲール・オリビエラは、スペイン選手権出身ながら当地で開催されたオフィシャルテストで1番時計を記録。初のホームレースで上位進出を狙う。

ヘレスで初ポイントを獲得した尾野弘樹にとっては、オフィシャルテストをキャンセルしたことから、エストリル初挑戦となる。

Tags:
125cc, 2011, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL

Other updates you may be interested in ›