初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:高橋裕紀が最速タイム&最速リズムをマーク

フリー走行1:高橋裕紀が最速タイム&最速リズムをマーク

参戦を決断した高橋が最速タイムと最速リズムを記録。オフィシャルテストで1番手だったルティ、昨年125ccクラスを制したマルケスが続き、ポイントリーダーのイアンノーネは9番手だった。

第3戦ポルトガルGPのフリー走行1は29日、エストリルで行われ、高橋裕紀がトップタイムをマークした。

気温21度。路面温度27度のドライコンディションの中、今週弟・江紀を交通事故で亡くした高橋は、過去最高位が6位だった舞台で、序盤から上位に位置。

ラスト8分には1分42秒402の1番時計を記録しただけでなく、1分42秒台を最多の6回記録した。

オフィシャルテストで1番時計を記録したランク3位のトーマス・ルティは、0.011秒差の2番手。

昨年125ccクラスで劇的な優勝を飾ったマルク・マルケスは3番手。スコット・レディング、ミケール・ピロが続いた。

クラス3人目の通算150戦目を迎えるミカ・カリオは6番手発進。新人勢トップのブラドリー・スミス、昨年当地で初優勝を飾ったステファン・ブラドル、ポイントリーダーのアンドレア・イアンノーネ、アレックス・デ・アンジェリスがトップ10入り。

3週間のブイレークを利用して、9人がプライベートテストを実施。リカルド・カルドゥスがその中で最高位となる11番手に進出すれば、2度目のワイルドカード参戦となるスティーブン・オデンダールは39番手だった。

Tags:
Moto2, 2011, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, FP1

Other updates you may be interested in ›